バックナンバー

ブリッジの平均費用一覧

歯科でブリッジを入れてもらう

  • トップ

歯科のブリッジ費用は千差万別

虫歯を放置したため、大きく削らないと歯科で治療できなくなった場合は最終的にクラウンをかぶせるのが一般的です。削った歯を土台にして義歯をかぶせて元の歯の代用にするわけです。では、虫歯を放置しすぎて根元から折れてしまった場合はどうするのでしょうか。こういう場合、歯科医はブリッジで対応することが一般的です。根元から折れた歯の両側の歯を削って土台にし、複数の義歯が連結しているものをかぶせるのです。では、ブリッジを入れる場合、どれぐらいの費用がかかるのでしょうか。これは保険治療かそれとも保険を使わない治療かによって大きく違ってきますが、保険を使うのであればだいたい二万円程度と考えておくといいでしょう。これは欠損した歯が一本で、三本の義歯が連結したブリッジをかぶせる場合の費用です。もし、欠損したのが二本だった場合は、当然、二万円よりも費用は多くなります。保険を使わない場合のブリッジの費用は、歯科医がどういった材料のブリッジを使うかで変わってきます。たとえば、プラスティックでできたものであれば三本連結のもので5万円程度で収まりますし、セラミックでできたものだとその倍ぐらいはかかります。ただ、基本的には高ければ高いほど耐久性があり、自然な歯に見えます。

↑PAGE TOP