バックナンバー

施術時の痛みとはどんな物か

歯を失った時の歯科治療

  • トップ /
  • 歯を失った時の歯科治療

歯科クリニックのブリッジ治療

歯を失ってしまった場合、歯根がまだ残っていればその上に義歯を被せることができますが、歯根から失ってしまえば被せることができません。また、根元までダメージを受けていれば、歯根が残っていても抜かざるを得ないこともあります。近年での新しい歯科治療としてインプラントもありますが、骨に人工歯根を埋め込むという高度な外科手術が必要となり、治療が長期的になり激しい痛みに悩まされることにもなります。もっと手軽な歯科治療方法として、ブリッジがあります。橋渡しをするという治療方法であり、痛みもなく手軽に治療することができます。失った歯の両隣の歯を支えとして三本の歯を補うための義歯を被せることになるのですが、両隣の歯はブリッジをかけるために小さく削られることになります。今まで健康であっても削った後には元に戻らないものですが、短期間で痛みなく手軽に治療ができる方法として多くの人に利用されています。しかし、土台となる両隣の歯の健康状態が悪いことになれば、土台が悪いことでブリッジをかけられないこともあります。これ以外にも入れ歯という選択肢もあるので、歯科クリニックで相談しながら自分にベストな治療方法を選んでみるといいでしょう。

↑PAGE TOP