バックナンバー

ブリッジの寿命は長いのか

歯科のブリッジ治療の平均寿命

  • トップ /
  • 歯科のブリッジ治療の平均寿命

歯科おこなうブリッジの寿命

むし歯などで歯を失ったときに歯科でおこなう治療法、ブリッジは失った歯の前後の歯を削り、無くなった部分の歯に橋をかけるように繋ぐ方法です。削った前後の2本の歯に、失った歯をおぎなう冠をかぶせ一体化させるのです。保険の適応内であれば治療代も比較的安く、治療期間も短く、治療も受けやすいことから。歯科でこの治療法を選ぶ人は多いのです。歯科でおこなう、ブリッジの平均的な寿命は、7~8年程度といわれています。使用される素材やメンテナンスによって寿命も変わってしまうのです。歯科で主に使用される被せものの素材は自費治療になるのが、見た目も自然で変色も少ない金属を使わない、白いオールセラミック、被せものの外側がセラミックで金属のフレームを使用したメタルボンド。保険が適応するのが、金属のフレームに白い硬質レジンを使用したレジン前装冠などがあります。ブリッジそのものが痛んでいなくても、支えている歯の境目などがむし歯になってしまうと、ブリッジを外して治療することになってしまうのです。またむし歯治療以外でも、壊れたり接着効果が衰えて外れてしまうなど寿命をむかえてしまうのです。比較的長持ちし白さを保つのがセラミックですが、ブリッジの寿命は、歯みがきなどの生活習慣でむし歯を防ぐ、定期的に歯科でメンテナンスをおこなうかによって大きく変わってしまうのです。

↑PAGE TOP