バックナンバー

ブリッジのクリーナー方法紹介

歯科で入れたブリッジの手入れ

  • トップ /
  • 歯科で入れたブリッジの手入れ

歯科で入れたブリッジの清掃方法

歯が欠損した場合、歯科クリニックでは前後の歯を土台として被せ物をして、連続冠を入れて欠損を補います。つまり歯のなくなった箇所を前後の歯を利用して繋いでブリッジを入れることになります。例えば即切歯が欠損になった場合、犬歯と切歯に冠を被せて3本つなぎでブリッジが入ります。欠損だった部分に、ダミーの歯(人工の歯)が来ます。歯科医院で作って貰ったブリッジの清掃方法として重要なポイントは土台になる歯(支台歯)の根元とダミーの下部の清掃が必要になります。被せた部分は虫歯にはなりませんが、根元部分は冠と自分の歯との境目がありますから、そこが虫歯になりやすいのです。ダミーの部分は汚れが入りやすい箇所で、そこも汚れがたまったまま放置していると、前後の土台の歯の根元が虫歯になってしまいますかた、お手入れが必要です。ブリッジの手入れには、歯ブラシと歯間ブラシ・フロスが必死になります。歯の根元の歯周ポケット部分の清掃が重要で、歯周ポケット専用の歯ブラシを使うと効果的です。また、歯間ブラシやフロスは、ダミー下部の清掃は欠かせません。ダミーの下部にはフロスを通してフロスを動かして汚れを落とします。歯科医院でブリッジを入れた方は、上記のようなお手入れを行っていると、虫歯予防が出来て長く健康な状態を保てます。

↑PAGE TOP